1-03. ロゴマークを変更する理由

ロゴマークを変更して新しくする理由はいくつかあります。

例えば、
社名が変更になった場合。
合併などで組織が新しくなった場合。
経営陣が変わって経営体制も新しくなった場合。
新しいサービスなどで経営戦略が変わった場合。
創立30周年など、区切りとしてイメージも刷新する場合。
過去のイメージを払拭し、新しいイメージで再出発する場合。等々

ロゴマークを新しくする上で大切なのは、
それらの理由をふまえて、その先にどういう将来像を構築していくかということです。

ロゴマークは経営戦略のシンボルですから、
中長期計画を達成するための象徴でもあるのです。

体制が変わったからロゴマークを変える、と考えるのではなく、
新たな戦略・目標ができたからロゴマークを設定しなおす、と考えることで、
新しいロゴマークの持つ意味合いも大きくなるのです。